屋根・外壁塗装

外壁と屋根に同じ塗料を塗っても、過酷な箇所にある屋根の方が耐用年数が短くなることがあります。
また、立地環境により早く傷んでしまうこともあったり、職人の腕によっても耐久年数が変わってしまうのです。

安い塗料を選べば施工費用が安く済んでいいのですが、耐用年数が短いと塗り替えの回数が増えてしまいます。

※当社の場合、現地確認は全て塗装技能士が行います。

塗料の種類と耐久年数

耐久性・価格

種類 耐用年数 特徴
アクリル樹脂系塗料 3~5年 種類も多く、比較的安価な塗料です。他の塗料に比べ、汚れやすく耐久性に劣りますが、建物の耐用年数を考えず、短期間で別の色に塗り替える場合に適しています。
ウレタン樹脂系塗料 5~7年 数年前までは外壁の塗替え用として最も普及していた塗料です。価格は比較的安く、防汚性、施工面に優れています。止水やヒビ割れ防止の注入剤としても機能し、外壁を守る優良な塗料と言えます。
シリコン樹脂系塗料 7~10年 住宅塗装で現在もっとも多く使用されている塗料です。 安価な塗料に比べて耐久性にも優れており、カラーバリエーションも豊富です。
フッ素樹脂系塗料 10~15年 価格は高いですが耐用年数が長く、ツヤ消しが可能なため、高級感のある落ち着いた色合いにできます。また、塗膜表面を親水性にすることで雨筋などによる汚れを防止し、外観の美しさを保つことも特徴です。
ピュアアクリル塗料 10~15年 高耐久性・高弾性を持ち、防水性に非常に優れた塗料です。建物にかかる塗り替えなどの生涯コストを大幅に削減することも可能です。
光触媒塗料 10~15年 建物に塗るだけで、太陽光や雨などの自然の力でキレイになるセルフクリーニング効果があります。また、太陽のエネルギーだけで、空気中の汚染物質を分解し、建物のまわりの空気をキレイにします。
外壁塗装の流れ

外壁塗装

STEP1「足場」を作る クサビ式の足場を作ることにより丁寧な作業が可能になります。
常に落ちないようにバランスを取らなければならない「単管足場」より、できるだけ「クサビ式足場」で作業をします。
STEP2 高圧洗浄 高圧洗浄器を壁から少し離して、水流を扇形にして、汚れを洗い流します。網戸やアルミサッシまで、家一軒丸ごと洗浄します。
水洗い不足があると、塗装の剥がれに繋がるので慎重に行います。
STEP3 下地処理 サイディングの目地や、モルタルヒビが再発しないように、塗り替える前にしっかりと補修します。

上から塗装すれば、見た目はヒビがわからなくなる場合もありますが、ただ隠れているだけですので、再発の可能性が高くなります。
ヒビの奥までシーリング材が行き渡るように処置をします。

外観に木部が多く使われている家の場合は、見た目で判断できるものから、表面的にはわからなくても、中の下地が腐っているということもありますので、見逃さないよう根本的な修理をしてから塗装すると家も長持ちします。そのような点に気をつけて処理を行います。
STEP4 下地調整 ・ホコリや汚れを取り除いて、表面をキレイにする。
・剥がれ掛かっている古い塗装を取り除く。
・サビを取り除く。

上記のような作業を行い、塗装が剥げないように密着させます。これをやるかやらないかで耐久性に大きく差が出ます。
STEP5 養生 新築の塗装では、吹き付けによるものもまだまだあるようですが、家の塗り替えの工事では、ローラーによる仕上げがほとんどです。
ローラーでも塗料はたくさん飛び散りますので、養生は重要です。

塗装しないようなところ(車・植物・タイルなど)に塗料が飛び散って付着しないように、ビニールや布などで覆います。
STEP6 外壁塗装(下塗り) 下塗りの主な役目は、その上から塗る塗装を剥がさせないように接着させることです。
外壁・鉄部・木部など家の塗り替えには、様々な素材が使われています。素材が変われば下塗りも替える必要があります。
STEP7 外壁塗装(中塗り) 塗膜に厚みを持たせるために中塗りをします。ヒビの多い壁は、より厚みを持たせてヒビを防止するドロドロとした塗料で塗り替えます。
汚れやカビが気になる外壁には、シンナー系の高品質塗料で再発を防ぐなど、家の傷みの状況に応じた塗料を施していきます。
木部と鉄部には外壁と同等以上質のいい高品質塗料を塗ります。
STEP8 外壁塗装(上塗り) 外壁は3回塗りの3層仕上げを行います。
木部や鉄部の場合は、傷み方によって塗装回数を変えています。その方が長持ちさせることができます。
STEP9 確認作業 養生以外の部分にもどうしても塗料の飛び散りやはみ出しなどが必ず出てきてしまいます。そこを細かく掃除していきます。
足場を解体してからでは遅いので、現場責任の職人が念入りに最終チェックを行います。
STEP10 お引渡し 足場を解体し、拭き掃除をして完了です。引き渡しとなります。
取り扱いメーカー
お問い合わせはこちらから