蓄電池

蓄電池は、太陽光発電システムやオール電化住宅と連系することでより効果的な導入を図ることが可能です。
今後、「HEMS(ホーム エネルギー マネジメント システム)」などの普及に伴い、エネルギーの「見える化」と一元管理を実現し、それらシステムにおいて蓄電池は重要な役割を担うと期待されています。

蓄電池を導入するメリット

1.電力を貯められる

太陽光発電システムと併用して蓄電池を導入すると、太陽光発電で発電した電気エネルギーを貯められます。通常は余った電力は電力会社に売電しますが、蓄電池があれば売電せずに電力を貯めて夜間に使用することができます。

そうすれば夜間でも太陽光発電で発電した電気エネルギーを使うことができ、電力会社から買電する量を減らすことができます。

また貯めた電力は停電時にも使用することができるので、災害などのリスクに備えられるというメリットがあります。

2.電気料金を削減し売電収入を増やせる

太陽光発電システムに蓄電池を併用する最大のメリットは、買電価格と売電価格の差を生かして電気料金を削減できることです。また売電収入も増やすことができます。

3.ピークカットに貢献できる

蓄電池があれば、電力消費が集中する「ピーク時間帯」に充電しておいた電気エネルギーを使用することで「ピークカット(最大電力需要量を抑える)」ができます。よって日本のエネルギー問題解決に貢献できます。

取り扱いメーカー
お問い合わせはこちらから